おすすめできるコンピューターミシン

ミシンを選ぶとき、価格帯やランキングから選ぶ、というのも
ひとつの方法です。
安いミシンは入園準備で袋物やレッスンバッグなど
簡単なものだけ作れればいい、という割り切りが必要です。

ですが、何度も買い替えるものではないだけに
せっかく買うならやはり性能の高さからミシンを
選ぶ視点も持っておきたいもの。

やはりそれなりのものを!と思えば予算は3〜5万が理想です。

どんな布でも対応でき、小物作りから洋服まで作れる
性能の高い家庭用ミシンを購入しておけば長く使え、
結局はコストパフォーマンスが良いのです。

もし予算が許すのであれば、多機能で高性能の家庭用ミシンを
求められることをおすすめします。

私がおすすめする優れた家庭用ミシンは以下の3つです。
いずれもコンピューターミシン。
価格が手ごろなものもあげてありますが、オススメできるのは
価格帯は3万円以上のレベルのもので、しっかりとした重みの
あるもの(5〜6キロ以上)がクオリティも安定しており
大切な選ぶポイントです。


商品名メーカー名特長機能付属
価格

シンガー モナミヌウプラスSC207

SC207-2.jpg
シンガーコンピュータ制御された正確な自動糸調子機能や自動糸切り機能などで作業の煩わしさが激変!
重さ7.5kg
多彩なステッチ55種類。ボタンホールなど。フットコントローラー、説明DVD付き
47,800円〜
ジャノメJP510

JP-510N.jpg
ジャノメ「七枚歯布送り」でどんな布地にも対応。自動糸調子機能。
重さ:8.3Kg
ボタンホール6種類。ステッチ30種類。フットコントローラー、糸、針セット、ボビン付き。
42,500円〜


ブラザーPS202 SFセット


ps202-3.jpg
ブラザー6枚送り歯、クイック糸通し、エラーメッセージ機能。
重さ 4.5kg
ステッチは実用的な20種類。ボタンホールあり。フットコントローラ付き。
21,000円





タグ:おすすめ コンピューターミシン

ブラザーミシン アデッソ2はすごい

最近の家庭用コンピューターミシンはスゴイなあ・・・
と感じるのがブラザーのアデッソ2です。
(お知らせ⇒こちらは販売終了になりました)





ブラザーのミシンはもともと使いやすさを顧客の声から
徹底的に追及しているメーカーなんですよね。
別にヨイショをするわけではありませんが・・・(笑)

パソコンって変換学習機能がありますよね。
過去にした漢字の変換を記憶している、というものです。
あれと同じような機能がこのアデッソ2にあるというので驚きました。

好みの縫い目長さ、振り幅等が2個まで記憶できるメモリーモードが
装備されている
んです。
さすがコンピューター。
ただ、初心者の方に必ずしも使いきれる機能かな?とは思いますが
ソーイングのヘビーユーザーや仕事でミシンを使っている方には
便利な機能ですよね。

右側にイラスト付きのタッチパネルが全て並んでいるので、
ボタンホールがしたければ、ボタンホールのイラストのボタンを押して選択、
かがり縫いがしたければ、かがり縫いの縫い模様のボタンを押して選択。
もう、迷いようがありません(笑)

ちなみにボタンホールが一番美しいのはブラザーだそうです。
お洋服を中心に作る方はアデッソ2がぴったりですよ。

手元が明るくて、目に優しいLEDライトなのも心ニクイですねえ〜(笑)

ただし、ワイドテーブルが大きいのはジャノメのJP510の方。
インテリア雑貨を作る方JP510がおすすめかな。

でもアデッソ2って使い勝手と言い、機能と言い、価格のバランスと言い、
とにかくピカイチ。うーん、良いミシンです。


詳しくはこちらから・・・
ブラザーミシン アデッソ2

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。