シンガーミシンの口コミ・初心者向け自動糸調子機能が素晴らしい

ミシン初心者さんで、「自動糸調子」付きのミシンが欲しい!と
思っていらっしゃる方へ。

SC100.jpg現在、初心者向けミシンで自動糸調子がついているのがシンガーのモナミヌウSC107です。

価格帯も3万円台からということでフットコントローラも
標準でついています。

そしてなんと言っても自動糸調子も安定していて縫い進めることができます。

この自動糸調子というのはメーカーや機種によってどう違うのでしょうか・・・?
素朴な疑問を持っちゃいますよね。

実は、メーカーや機種と言う前に自動糸調子が安定して作動するためには、
ある程度ミシンのサイズや重量が左右する要因になるのです。

小型でお安いもので自動糸調子が付いているものも稀にありますが、
実際には糸がらみがおこりやすくなります。
これは縫い進める途中で非常にストレスになってしまいますよね。

そうならないためにもフルサイズミシンに近いくらいの大きさが
あって重量も7キロ前後のものをお勧めします。

ちなみにシンガーモナミヌウSC100シリーズについては重量が
7キロになります。
何気なく自動糸調子機能が付いているミシンであっても、何故か
糸調子ダイヤルが付いている場合があります。

これはやはり「自動」だけに頼らずに、ある程度自分で微調整できる
だけの基礎知識が必要になってしまうのです。

SC207.jpgそんな場合には予算を少し見直して、例えば、シンガーのモナミヌウプラスSC207
の場合では、完全に「オート操作」できるというわけです。




自動糸調子の精度のよさを求める場合にはやはり高級機種を
視野に入れて考える必要があるでしょう。


縫い目の仕上がりの良さを感じられるほどにミシンに精通してきたら、
もはや自動糸調子の精度の高さを求めずにはいられないのでは
ないでしょうか。

TOYO(トーヨー)コンピュータミシンTY2900 このスペックなら業界最安値

最近、楽天市場のミシンランキングでちょくちょく見かけるTOYO(トーヨー)ミシン。
全く無名のメーカーだと思うのですが、評価がすごく高いので気になり、調べてみました!
TOYO(トーヨー)ミシン、東洋精機工業株式会社はミシンメーカーとしては後発組です。

が、実は老舗の部品メーカーで、創立60年の歴史のある会社でした。個人的にはこうしたじっくりとものつくりに取り組んでいる会社は好印象ですが、いかがでしょうか?

トーヨーミシンで売れ筋のこちらの機種(コンピュータミシンTY2900)は実のところ、かなりクチコミでも良い評価を得ているものになります。

何と言ってもお手ごろな価格で、まずフットコントローラーが付いているということだけでも魅力です。




その上、ワイドテーブルにひらがなの刺繍の機能が搭載されていて、このお値段はかなりの破格値です。3万円以内でひらがなの刺繍が可能となると、断然お得な感じがありますよね。

これからお子様の入学入園グッズを作りたいと考えている方には最適なミシンではないでしょうか。
文字縫いが出来るというミシンを探すと、案外と高額なミシンばかりが候補にあがってしまいます。

基本操作も充実しています。
他社製のもので刺繍機能がついていても中国製のミシンになってしまう・・しかしこちらは安心の日本製だから選んだ、という人も案外と多いのがわかります。

ミシン本体の方ですが、ボタンなどがとても分かりやすく表示されているので迷うことなく初めてのミシン操作も楽々です。

自動針穴糸通しや無段階スピード調節がついているので、安全面でもとても評価が高いものになります。
ミシンのブランド名にこだわるととても予算内に収まらない!ということも多々あります。

まずは機能面をよく考えて何に一番需要があるのか・・という点についてもミシン選びの参考にされると良いと思います。
派手さはありませんが、壊れにくい構造だと思います。

ちなみにこちらのショップですと、購入後レビューを書くと、お米のおまけが付くそうです♪

詳細はこちら>>>
【ポイント最大15倍】 TOYO コンピュータミシン TY2900 電子ミシン3特典【送料無料+お米+ポイント】





シンガーミシンMF-8200 グッドデザイン賞

こちらはシンガーのグッドデザイン賞を受賞したミシンです。

初心者の人にとっても何よりミシンに期待するのは、ストレスフリーに楽に縫えること・・ですよね。

これまでコンパクトミシンと言うと、針の右側のスペースが手狭でどうしても作業をする上で導線を妨げる原因になっていました。


これまでのコンパクトミシンに比べて大幅に
ミシンの内側の構造を見直して、胴体部分の面に
改良を加えています。
つまり針方向に余計な部分をそぎ落としているというわけです。

これで右手が非常に動かしやすくなっているわけです。

そして、次に問題になるのが生地が送りにくいという状況です。
これは補助テーブルの形を工夫することで、生地がだらんと
垂れ下がらないようにして縫い曲がりのないように改良した点が大きな違いです。

このように【良いデザイン】が生かされて使う側の要求を
満たしているという点で2010年グッドデザイン賞を受賞
しているということが頷けます。

生地の厚みや糸の太さを瞬時にミシンの機能に合わせて
調節するというのは初心者にはなかなか困難なことです。
そこでこちらのミシンには上糸調子を「自動」であわせる
ツマミがついているんです。

例えば、縫う生地の厚みや種類が変わったとしても
直線縫いの場合には自動で糸調子を合わせてくれるという
便利な機能なのです。

ミシンの操作で一番つまずきやすいのは縫う作業の以前に
ミシンの調節に迷うことだと思います。

作業能率がデザインの改良によって非常に扱いやすく
そして機能も簡単に操作できるという点でとてもお勧めしたいミシンです。

詳細はこちら>>>≪グッドデザイン賞受賞≫シンガーミシンMF-8200ホワイト(白)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。