シンガーミシンMF-8200 グッドデザイン賞

こちらはシンガーのグッドデザイン賞を受賞したミシンです。

初心者の人にとっても何よりミシンに期待するのは、ストレスフリーに楽に縫えること・・ですよね。

これまでコンパクトミシンと言うと、針の右側のスペースが手狭でどうしても作業をする上で導線を妨げる原因になっていました。


これまでのコンパクトミシンに比べて大幅に
ミシンの内側の構造を見直して、胴体部分の面に
改良を加えています。
つまり針方向に余計な部分をそぎ落としているというわけです。

これで右手が非常に動かしやすくなっているわけです。

そして、次に問題になるのが生地が送りにくいという状況です。
これは補助テーブルの形を工夫することで、生地がだらんと
垂れ下がらないようにして縫い曲がりのないように改良した点が大きな違いです。

このように【良いデザイン】が生かされて使う側の要求を
満たしているという点で2010年グッドデザイン賞を受賞
しているということが頷けます。

生地の厚みや糸の太さを瞬時にミシンの機能に合わせて
調節するというのは初心者にはなかなか困難なことです。
そこでこちらのミシンには上糸調子を「自動」であわせる
ツマミがついているんです。

例えば、縫う生地の厚みや種類が変わったとしても
直線縫いの場合には自動で糸調子を合わせてくれるという
便利な機能なのです。

ミシンの操作で一番つまずきやすいのは縫う作業の以前に
ミシンの調節に迷うことだと思います。

作業能率がデザインの改良によって非常に扱いやすく
そして機能も簡単に操作できるという点でとてもお勧めしたいミシンです。

詳細はこちら>>>≪グッドデザイン賞受賞≫シンガーミシンMF-8200ホワイト(白)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。