ジャノメjp510がおすすめです【付属品も解説】

ミシンの初心者さんから、ちょっとベテランさんまで、とにかく人気があるのが、
ジャノメミシンJP-510です。





JP500をさらに使い易さを追求した新モデルなんですよね。
JP-510には新機能としてスピーディ糸通しと自動ボタンホール機能が
付いています。

糸通し機能が抜群に優れていますね。
クチコミでもかなり多くの方が同じように感じているようです。

水平のボビンがとても見やすくて扱い易いのも特徴です。
これまでのボビンケースとは全く違って下糸を直接入れるだけです。
時計と反対にまわれば準備OK。下糸のセットもすごく簡単。
縫い始めまでの凄く早いのが良いですね〜。

JP-510なら下糸を準備してから1分後には縫い始められます。
ジャノメミシンの特徴としてユーザーに指示されていうのが、
キレイな縫い目は誰もが認めることのようです。

これまで使っていたミシンのトラブルとして一番多かったのが
「糸調子のコントロール」だと感じている方が多いのですね。
そのストレスがこのミシンにはないというのが嬉しい声です。

この「ジャノメJP510」の場合には糸が無くなったとき以外に
手を止められることもない!というのが最大のポイントではないでしょうか。
とにかく何もかもにおいてスムーズで余計なストレスがなく、
縫い物が楽しくすいすい〜と出来ちゃうというクチコミの多さにも驚きました。

一方で20万円クラスのミシン利用経験のある人のクチコミでは、
直線縫いのパワーが弱い、付属品の収納場所が狭い、ワイドテーブルを
しまう場所がない・・・
などという声も挙がっていますが、初心者向けでまずは簡単なものから
縫ってみようという方には手頃な機種ではないでしょうか。


JP-510は付属のセットがそれぞれ異なります。

ミシンに詳しくない方は付属品の事が分からないかと思いますので解説しますね。

【JP-510付属品セット概要】

●SFセット・・・フットコントローラ、カラフル44個糸、ミシン針/普通地用:#11(5本)
・厚モノ用:#14(5本)、ボビン5個

●SF2セット・・・コードリール式フットコントローラ、カラフル44個糸、ミシン針10本)、ボビン5個)

●入園満足セット・・・入園関連ハンドメイド本、手作りキット、オゼキ12色糸、フットコントローラ、サイドカッター、カラフル44個糸、針、ボビン

●DXセット・・・テフロン押え、コンシールファスナー押え、フットコントローラ、サイドカッター、ミニバッグキット、カラフル44個糸、ミシン針/普通地用:#11(5本)・厚モノ用:#14(5本)、ボビン5個

●DX2セット・・・テフロン押え、コンシールファスナー押え、コードリール式フットコントローラ、サイドカッター、ミニバッグキット、カラフル44個糸、針、ボビン


【JP-510付属品解説】

フットコントローラとコードリール式フットコントローラの違いは、
コントローラのコードをしまうとき、掃除機のようにくるくると収納できるか
どうかの違いですね。

テフロン押えとは滑りにくい素材(革など)を縫うときに使用します。
(DXセットDX2セット)

サイドカッターとは自動断ち目かがりの事です。
(SSセット、DXセット、DX2セット)
しっかりソーイングを楽しむつもりの方はサイドカッター付きをおすすめします。

洋服を作りたい方はファスナー押えの付いているセットがおすすめ。
(DXセット、DX2セット)


詳しくはこちらでご確認ください。
ジャノメ「JP510/JP510N」人気のJP500をさらに使い易さを追求した新モデル!



付属品は後から購入すると単品で割高だったり、近くの手芸店に置いて
いなかったりと手に入りにくいことがあります。
ミシンで何をしたいのかをきっちり見定めて、付属品も込みで購入して
しまいましょう。
タグ:ジャノメ jp510
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。