生地の厚みに針と糸を合わせて縫いましょう

きれいなミシンの縫い目にするためには、
薄い布には細い糸と針で、厚い布には太い針と糸で。
布地の厚みと特性に合った針と糸を選択しなければいけません。

ステッチに刺繍などをするのでなければ糸の色は
生地と同系色のものを選ぶのが基本です。

伸縮性のあるジャージやニットなどには専用の針が使われます。
縫い目が目立たない透明な糸もあります。

作品の特性を生かし効率よく作業ができるよう、
作業に取り掛かる前に糸と針を選んで、準備を
しておきましょう。

ミシン針と糸の太さのサイズは○○番、というように
番数で示されます。

針は番数が大きくなるほど太くなります。
絹糸、綿糸など糸は番数が小さくなるほど太くなります。

針が折れたらもちろん取り替えますが、
折れた針は取り替えに夢中になっているうちに
どこかに行かないように、透明のジャムの空き瓶などに
すぐ入れてふたをし、まとめて処分するといいと思います。


以下、大体の生地の合わせた針と糸をご紹介します。

生地の厚み生地の種類

厚地
デニム、帆布など16番絹糸50番
綿糸40〜50番 
化繊糸40〜50番

やや厚い生地
フリース、コーデュロイ、キルティング、
ジャージなど
14〜16番絹糸50番
綿糸40〜50番
化繊糸40〜50番

普通地
ブロード、ギンガム、コットン、
化繊布、ウール
11〜14番絹糸50番
綿糸60〜80番
化繊糸50〜80番

薄地
シフォン、ローン、ジョーゼット、
トリコット
9〜11番絹糸80〜100番
綿糸80〜100番
化繊糸80〜100番



これを参考にして、必ず試し縫いをして縫い目を
確認してから本縫いに入ってくださいね。
タグ:ミシン 縫い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。